So-net無料ブログ作成
検索選択

アンドロイドで無料電話する方法 [アンドロイド 無料]

アプリをインストールしたユーザー同士なら無料で何時間でも通話できるという夢のようなアプリ「Viber」がついにAndroidに登場した。

昨年の12月にiPhone版がリリースされた「Viber」は、公開から4ヶ月で世界1500万ユーザーを突破したとも言われるキラーアプリ。通常の電話回線とは違うVoIPを用いた通話のため、特に日本では3月の大震災の際も、問題なく通話ができたことから爆発的にユーザー数を伸ばした。

Androidにおける無料通話アプリとしては、以前の記事「無料通話アプリの決定版「VOXTROT」が登場!!!」で紹介した「VOXTROT」も有名だが、「Viber」との違いはやはりユーザー数の差。「VOXTROT」がアンドロイド限定なのに対し、「Viber」ならばiPhoneとアンドロイドの垣根を超えて無料通話が楽しめてしまうのだ。

登録作業を済ませアプリを起動したら、まずはコンタクトリストを確認してほしい。「Viber」は端末に保存されている連絡リストを自動的に読み込み、その中で既に「Viber」を使用しているユーザーをリストアップして表示してくれる。筆者の場合、500件ほど登録されているメンバーの中で既に30名程度が「Viber」のユーザーであることが分かった。

通話の仕方は通常の電話を発信する場合と同じ。コンタクトリストから直接発信することも可能だし、アプリ内のキーボードから番号を打ち込んで発信することも可能。相手が「Viber」をインストールしていれば、相手の端末でも自動的に「Viber」が立ち上がり、即座に無料の通話が楽しめる。

エックスドロイド編集部ではAndroid版の一般公開に先がけ、ベータ版を入手して操作性を確認した。その結果、音質に関しては通常の電話回線よりはやや劣る気もするが、充分実用に耐えるレベルといえるだろう。

さらに、このアプリが優れているのは音声通話だけでなくテキストメッセージにも対応していること。メッセージは通常のSMSと同様、プッシュ型で通知されるため、リアルタイムでやりとりすることが可能。もちろんテキストメッセージに関しても完全無料だ。

無料通話ができるアプリとしてよく「Skype」と比較されることの多い「Viber」だが、アカウントの作成やログインの必要が一切ない手軽さが「Viber」が優れている点。またバックグラウンドで作動し、待機中はバッテリーを消費しないことも特筆すべき点。アプリを起動していない場合でも サーバからプッシュ通知を受けとると、Viberアプリが立ち上がり、通話を開始できる。

「Viber」を生み出したのはアメリカの人気P2PサービスiMeshを運営する企業。こんな多機能なサービスを無料で供給して、一体どうやって儲けるんだという気がしないでもないが、業界内では「将来的にはFacebookに匹敵するソーシャルグラフを作りあげるポテンシャルを持っている」とも言われる「Viber」。気になった人はさっそくダウンロードしてみてほしい。

エックスドロイド編集部から


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。